大胆な時間確保作戦

フルタイム(残業あり)で働きながら税理士試験の勉強していた時、時間の確保という最重要課題がありました。

長時間労働が当たり前の業界ですので、試験直前などはクライアントの会社に向かう車の中でさえ助手席に参考書を置いて信号待ちのわずかな時間も読むぐらいの勢いでした。(よくがんばりました。)


実際に使った参考書

思いついたら即行動!

そんな中思いついたのが・・・そう、引っ越し!!

そもそも朝が超絶弱いタイプですので1分でも多く寝たいという発想から勉強時間も増やしたいということになり思い切ったわけです。

一般企業に勤務していたときは、埼玉県の和光市駅から大手町までドアツードアで1時間でした。
毎日2時間(しかも乗り換えあり)のロスです。

この頃はまだ勉強などしてなかったのでよかったのですが、退職して横浜に住み、たまたま藤沢市の会計事務所に就職しました。
片道ドアツードアで約40分(乗り換え1回)。

最初の1ヶ月くらいで決断しましたが、40分が15分になりました。
通勤の疲労も減りますから思ったより効果アリ。

病みつきになって・・・

その後、その事務所は2年ほどでグッバイさせていただき(笑)、ちょっと会計事務所に嫌気が差してたのもあり次は一般企業で働こうかな~って思ってましたが、何かに導かれ川崎市の会計事務所で働くことに。

よっしゃ、また引っ越しやで~っと。

引っ越し自体はホント面倒なんですけど、時間には変えられません。
とにかく試験に合格しないと明るい未来が何も見えてきませんからね。

そして、2回目は歩いて10分とさらに近所に。
結果、川崎駅徒歩圏内で家賃の安い部屋を借りたため、風俗街のど真ん中という前代未聞の事態になりましたが・・・(・_・;)

引っ越しはかなりオススメです

イギリスの作家、アーノルド・ベネットはその著書「自分の時間」の中で、次のように述べています。

『時間があれば金は稼げるが、金があっても時間は買えない。』

『人生のすべては、時間の利用の仕方次第で決まる』

何かを変えようとするとき、時には思い切った行動も必要だと思います。

引っ越し貧乏にならない程度に(笑)

 

<雑記>

我が家の干し柿ちゃんも3日目にして雨の恐怖に遭遇。
とりあえずカビ防止のために家の中に取り込みました。
おいしくなりますように。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUTこの記事をかいた人

1977年岡山県生まれ。 横浜国立大学卒業後、大手住宅メーカー、税理士事務所を経て独立開業。自分のクライアントを100%黒字経営とキャッシュリッチにすることをモットーに、税務会計に留まらない経営者のよき相談相手として日々奮闘中。 趣味:絵を描くこと、読書