付き合う人を変える方法

大前研一氏は、

人間が変わる方法は3つしかない。1番目は時間配分を変える。2番目は住む場所を変える。3番目はつきあう人を変える。この3つの要素でしか人間は変わらない。最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ。

と言っています。

これまで人生で何回「決意を新たに」してきたんだろう・・・とは思いますね。

明日から早起きしようなんて年中言ってますし(笑)

今回の記事は、この中の3つ目「つきあう人を変える」方法について、自分なりに考えてみました。

無意味なお付き合いをやめる

明らかに人数合わせな合コンとか・・・。

もう参加しなくていいじゃん、って感じです。

本当に必要とされ、自分も必要としている関係でなければ無理をする必要はないです。

人生は長くないです。

最近特に思います。

八方美人をやめる

出会う人全員に好かれることは当然ながら不可能です。

僕も第一印象の時点で何かした覚えもないのになぜか嫌われてるように感じることもあります。

でもそれは相性や感じるものが人それぞれあるので仕方のないことです。

その場合は無理にこちらからあえて媚びる必要はないと思います。

後から何かがきっかけで親密になるかもしれませんが、それはそれでおもしろいですよね。

人生を楽しんでいる人と付き合う

僕は完全にそうでしたが、同僚と会社の愚痴や上司の文句ばかり言ってても何も生まれません。

というか自分が楽しくなるはずがない。

楽しい体験を共有できる人と付き合う方がよくないですか?

特に40代を迎えた今、40代ってめっちゃ楽しいよ!っていう年上の方を見つけたらうれしくなります。

税理士いいよ!!っていう方もいいですね。

まとめ

今回の記事は自分に言い聞かせています。

僕は器の大きな人間でもないし、特に顔が広いわけでもありません。

ただ縁あってお客様になってくれた方とは良き相談相手として末永く付き合っていきたいと考えています。

それが税理士の仕事の醍醐味でもありますし。

[編集後記]

昨日ザーザー降りの大雨の中バイクで帰宅したら、ずぶ濡れの僕を見てうちの奥さんが娘に向かって一言。

「妖怪スブヌレが来たよ〜(´Д` )」

汗水流して働いてんのにひどくね…(>_<)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUTこの記事をかいた人

1977年岡山県生まれ。 横浜国立大学卒業後、大手住宅メーカー、税理士事務所を経て独立開業。自分のクライアントを100%黒字経営とキャッシュリッチにすることをモットーに、税務会計に留まらない経営者のよき相談相手として日々奮闘中。 趣味:絵を描くこと、読書