いつもきれいにご利用いただきありがとうございます

川崎市中原区元住吉オズ通り商店街の税理士、トノヤマです。

毎日ブログを更新しようとがんばってはいるものの、ふと気を抜くと途切れます。

意志の弱さに悲しくなります。

ただし、書くこと自体はうまくもないくせに嫌いではないようで(笑)

今日も誰が読んでくださるのかわかりませんが、記事を更新したいと思います。

公共のトイレでよく目にするアレ

駅などのトイレで最近よく見かけませんか?

「いつもきれいにご利用いただきありがとうございます」

というメッセージの書いた紙。

僕はそうでもないですけど、人によっては癇に障るようです・・・(^_^;)

要するに、

「きれいに使ってくれよ」

と言いたいところ、直接言うのはそれはそれで角が立つということなのか、

もうちょっとやわらかく表現できないかと知恵を絞り出した結果なのだろうかと思っていました。

大学でも研究されていた

社会心理学の領域だそうですが、論文でも

「社会的迷惑行為の抑止策としての好意の提供」

というタイトルのものがあるように、このようなメッセージが読んだ人の感情にどのような影響があるかなど研究されているようです。

おもしろいですね。

ハッキリ書けよという意見ももちろんあるんでしょうが、統計的には遠回しの方が効果が高いのでしょう。

でもなぜトイレだけ?

効果が高いのであれば、トイレだけでなくてもいいような気がします。

例えば、道路の「止まれ!」は

「いつもここで止まってくれてありがとうございます」

とか・・・(運転中読んでる暇ないですが)

他にも、「盗撮は犯罪です!」は

「いつもカメラで女性の下着の撮影を我慢してくださってありがとうございます」

とか・・・(笑)

ツッコミどころ満載でふざけ過ぎました(笑)

おそらく使うのに効果的な場面があるということでしょう。

こんなことを考えるのが楽しいので、今後もいろいろ街のふと目に飛び込んでくるものに注目したいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUTこの記事をかいた人

トノ

1977年岡山県生まれ。 横浜国立大学卒業後、大手住宅メーカー、税理士事務所を経て独立開業。自分のクライアントを100%黒字経営とキャッシュリッチにすることをモットーに、税務会計に留まらない経営者のよき相談相手として日々奮闘中。 趣味:絵を描くこと、読書