Gmailに送信日時を指定できる機能が実装されました!



働き方改革が叫ばれる昨今、誰からも何も言われないフリーランスということもあり

あまりよろしくないのですがどうしても深夜近くまで仕事をすることもあります。

で、深夜にメールを送ることもしばしば。

送られて来る方からしてみれば、あの人がんばってんなという方もいるかもしれませんし、

実は要領悪いのではと思われるかもしれません。

私は事務所の独自ドメイン(tono-tax.com)のメールもGmailを経由して送受信しています。

いつの間にやらという感じですが、そんなGmailに送信日時を指定する機能がリリースされていましたので、

シェアしたいと思います。

セッティングは非常に簡単

メールを作成する画面で下に必ず送信ボタンがありますが、ここに「▼」がつきました。

このマークをクリックすると、次のような表示がされます。

深夜にセットする場合などは「明日の午前」を選択すると便利ですね。

週明けの「月曜日の朝」というのもデフォルトで設定があります。

もっと細かく設定したい場合は、下の「日付を時刻を選択」をクリックすると、

下記のようにカレンダーから選択することができます。

日付をセットしたら送信時間まで自動的に予定トレイに格納されます。

時間指定送信をするメリット

  • 受信する方に24時間仕事していると思われなくてすむ(いつも仕事していると勘違いされると、その後夜でもお問い合わせが来る可能性もあります)
  • 受信通知をスマホなどでアラーム設定している方だと夜に通知を鳴らさなくてすむ
  • 送信時間前なら取り消しをすることができる

特に3つ目の送信時間前の取り消しは、ちょっと寝かせる中でやっぱりあれも追加しておこうとか、

ちょっとキツい表現をしてしまった・・・などのケースでかなりありがたい機能ではないでしょうか。

送信取り消しのやり方

そんな取り消し機能のやり方ですが、これも非常に簡単です。

予定トレイを表示させると、送信予定メールが表示されますので、

メールの右にある「送信をキャンセル」を押すだけです。

 

ぜひご活用ください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう





ABOUTこの記事をかいた人

トノ

1977年岡山県生まれ。 横浜国立大学卒業後、大手住宅メーカー、税理士事務所を経て独立開業。自分のクライアントを100%黒字経営とキャッシュリッチにすることをモットーに、税務会計に留まらない経営者のよき相談相手として日々奮闘中。 趣味:絵を描くこと、読書