LogicoolメカニカルキーボードK840が快適でオススメ

ご注意
記事の内容は投稿日時点の法律や情報に基づいたものであり、必ずしも最新のものではございません。

事務所ではノートPCをデュアルモニターに接続しており、キーボードも別で接続していました。

それがこちら。

2,000円もしないのでコスパも高く特に不満があるわけではありませんでした。

しかし、より高みを目指したいとずっと生産性を高めるような購入感のあるキーボードを探していたところ、こちらに出会いました。

ただ、お値段的に即決はできず、何度も量販店に足を運びついに購入!!

そんなK840メカニカルキーボードについて第一印象と感想をご紹介したいと思います。

外観

上から見るとなかなか気づかないかもしれませんが、実はこのキーボード、キーがむき出しになっています!!

ぶっちゃけ掃除しやすいなと(笑)

まずそこがポイントでした。

キーボードの中側に消しゴムのカスやらホコリやらホチキスの針が入り込むのがストレスでしたので、これはいいなと。

ブラシで掃けば大丈夫そうです。

配列はF4とF5、F8とF9の間が離れていますが、あとは普通です。

ボディには陽極酸化アルミが採用されており、強度と高級感が両立しています。

打鍵感

それほど静音ではなくカタカタと心地よい音がします。

集団の中ですと気になる方もいるかもしれませんが、昔のキーボードは全部このくらいの音がしたはず。

7,000万回以上のキーストロークに耐えるROMER-Gメカニカルスイッチというのを採用しているらしいです。

本当に押しやすく、確実なキーストロークができて気持ちいいです。

接続方法

有線のUSBのみです。(無線だとタイムラグができることがあるからでしょうか。)

また、Windowsのみで使用でき、Macには対応していません。

モチベーションアップになるかもしれない

安いキーボードでも別に特段困ることはありませんが、いい武器を揃えるとやる気が出ますね(笑)

試験勉強のときもやる気がでないときに電卓を変えたことがありました。

別に何ら頭がよくなるわけでもないんですが・・・。

ひとりで仕事をしていると何か変化がほしくなります。

文具とかPC関係の備品をちょっと変えてみるとマンネリ防止にもなるかもしれません。

とりあえずWindowsの方は購入を検討する価値はあります。

ブラインドタッチを練習をしたくなるようなキーボードですよ。

 

**********編集後記**********

ブログの更新の成果が少しずつ出てきたのかGoogleで「元住吉 税理士」で1位になれました。(ブログのクオリティは満足していませんが)

SEO対策などしなくても案外イケるなと(笑)

「中原区 税理士」とか「川崎市 税理士」とかになるとちょっと難しそうですが。

ただ、ホームページから新規のお客様のお問い合わせはまだまだ少なく、大抵は営業です(笑)

電話番号をホームページにも載せてないからというのもあるかもしれません。

実際載せると増えるのは営業電話ばかりですので(泣)、お手数は承知でお問い合わせフォームからのご連絡にしていただいています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. メモアプリでは最強過ぎる!Google Keepを活用しよう!!

  2. いまさらだけど使えるかもしれない単語登録ワザ

  3. シャチハタはなぜダメなのか?

スポンサードリンク