税理士試験で勉強していない科目をフォローするには

今回の記事は税理士受験生や税理士合格者向けです。

ご存知のとおり税理士試験はそもそも科目選択制ですので、どんな税理士でもすべての税法科目を受験することはまずありません。

受験オタク以外はそんな時間もありません。

ただし、実務ではそんなことはまったく通用しません。(例えば相続税の申告はやらないなど、勉強していない税目の仕事をすべてやらないという選択は実際にもあり得ます。)

そこで、さまざまな媒体で勉強することにはなるんですが、その選択肢をメリットデメリットをまじえてご紹介したいと思います。

書籍で独学する

まず思いついて一番実践している方が多いのはこれだと思います。僕にはなかなかつらい方法です(笑)

メリット

①費用が安くすむ

②いつでも勉強できる

③どこでも勉強できる

デメリット

①厚い本を最初からひたすら読むとたいてい眠くなる

②理解度がこれでいいのかという指標がない(ゴールが見えない)

③いつでもできるから後回しになる

大手予備校の講座を受講する

実際にちょっと自信のない税法科目については、あえて受験生に混ざってTACや資格の大原など大手の税理士試験予備校で勉強するという方も多くいます。

メリット

①教室受講すれば他の受験生もいるのでモチベーションを保ちやすい

②教室受講すれば開講日が決まっているのでスケジュール管理が不要

デメリット

①受講料がそれなりにかかってしまうだいたい1科目20万円程度します。(通信でも同じ)

②試験を受けるわけではないので演習などをする必要がない

通勤講座を受講する

まだ開講して数年ですが、インターネットで受講するだけですべて完結します。

予備校のいいところをそのままにして、コスト面でも大変助かります。



メリット

①受講料が大手予備校の1/4程度ですむのに体系的に勉強できる

②eラーニングなので、わからない箇所は繰り返し確認できる

③ここはわかってるという箇所は倍速などでサッと受講することもできる

④書類は全部PDFなので、かさばらない

⑤スマホでも受講できる

デメリット

①いつでも受講できるからこそ、自分で受講時間を決めてやる必要がある

②合格実績が乏しいことや相対評価の試験であることから、ホンモノの受験生にはまだ未知数

③税法科目はまだ法人税法と相続税法しか開講していない

まとめ

正直受験生以外で税法をひと通り勉強したい方々には通勤講座が最強だと思います。

僕も受講してみましたが、講義もわかりやすいです。

二倍速で視聴しても問題なく聞き取れますので、どんどん進めることができました。(もっと早くイケるかもしれない)



 

<編集後記>

今日の夜はタイムリーな仮想通貨のセミナーに参加してきます。

新しい発見に期待しています。

 

<今日の姫日記>

昨日は初のスイマーバ体験。

気持ちよさそうで途中から寝ちゃいました(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUTこの記事をかいた人

トノ

1977年岡山県生まれ。 横浜国立大学卒業後、大手住宅メーカー、税理士事務所を経て独立開業。自分のクライアントを100%黒字経営とキャッシュリッチにすることをモットーに、税務会計に留まらない経営者のよき相談相手として日々奮闘中。 趣味:絵を描くこと、読書